あの車買取査定方法について調べてみた

古いくるま売却を頼んだ時は、とりあえず値踏みを受けることになります。審査に関しては買取専門ショップの査定士行うわけですが、ユースドカー市場の金額等から金額がはじき出されるものとなります。

一般的に古いくるまということで販売されている値段の20~30%程が査定価格と言われていますが、人気のある車種だったり、珍しい車であるなどのケースでは高い買取額がつくといった時もあるでしょう。また、製造年が新しい方がやっぱり高い査定となります。ただ、こういった査定額はマイカーが完全な状態であり、そうではないときは査定は厳しくなります。その中でも事故車などは買取金額に相当関係してきます。

修復の跡というのも定義が曖昧ですが、基本的に自動車の基礎であるフレームの部分までダメになるような事故を起こした車両は事故車として扱われます。この修復歴のある車はその後何かしらの被害が現れるという危なさがあるので、見積金額に関してはマイナスとされてしまいます。とはいえ、フレームにまで影響が無く、ボディを手直しした程度であれば無問題ですが、修復歴としては付きます。

無論、修復歴が付きますのでマイナスの影響が有りますが、事故車に比べて低い見積となることは無いです。ほかにも、エンジンや変速機などにトラブルが発生しているケースでもマイナスに見られますし、日頃からのメンテナンスの状態が買取の値段に影響してきます。

そのへんは我々にはわからないところですが、審査をおこなっている買い取り専門店はシッカリとその辺りも確認してきます。

どちらの場合でも修理歴としてはないことが愛車鑑定額がを上げられるかどうかの条件となってきます。

Comments are closed.