お待ちかね、中古車査定と事故歴の感想、所感

古い自分の車の譲渡を頼んだ際には、とりあえず鑑定を受ける事となります。その見積もりについてはお店のの査定担当者がおこない、ユースドカー市場の値段等から金額がはじき出されることとなります。

普通は中古のくるまということで売られている額の20~30%位が買取の金額となっているようですが、評判の車だったり、希少価値のある車であるなどのケースでは高プライスがつくといった場合もあります。ほかにも、製造年は新しい方が高い金額となります。他方、そのような買取金額はその愛車が完全な状態のケースであり、そうではない時だと低い鑑定となります。なかでも特に修理の跡などは買取プライスに相当影響します。

修理歴といっても定義はあいまいですが、基本的にはくるまの基礎であるフレームの方にまで及ぶような事故を起こしてしまったくるまは事故車扱いになります。こうした事故歴のあるクルマはその後何らかのマイナスの影響が出てしまう危険が有るので、買取金額については駄目なものとなってしまいます。とはいえ、フレームの方にまで影響が及ばず、外見を直したぐらいならなりませんが、ですが修復歴としてはつくことになります。

無論、修理歴としてはついてしまいますのでデメリットの害は有りますが、事故車に比べ低い見積となることはありません。そのほか、エンジンやギアなどにアクシデントが起こっている場合もマイナスという事で鑑定されますし、日頃からの整備の状況が買取金額に影響してきます。

その辺りは素人目にはちんぷんかんぷんですが、鑑定をおこなっている買い取りの専業店の方ではシッカリとそのあたりも見てくるでしょう。

いずれにしても修復歴は無いことが自分の車の買取額を上昇させることができるか否かの分かれ目となります。

Comments are closed.