きましたね中古車査定と事故車とのことだけどどうなんでしょう

くるま引受けを依頼したときには、とりあえず査定を受けることになります。その時の審査は買取専業店の担当者が行うわけですが、ユーズドカー市場の金額などから算出されることになります。

通常、ユーズドカーということで売り出されている価格の20~30%位が買取額と言われているようですが、人気のある車種だったり、珍しい車であるなどの場合には高プライスが出るケースもあるみたいです。その他、製造年は新しい方がやはり高い査定となります。ただし、そういった買取金額はその愛車がパーフェクトな状態のケースであり、パーフェクトじゃないときは低く見積もられます。その中でも修理の跡は査定に大きく影響してきます。

修復の跡とは言っても定義が微妙ですが、基本的にはくるまの骨組みであるフレームの方にまでダメになるような事故を起こした車両は事故車となってしまいます。こういった修復歴のあるくるまは後から何かマイナスの影響が出現する危なさがあるため、見積に関しては短所となってしまいます。その一方、フレームの部分にまで影響が無く、ボディを手直ししたくらいだったらならないのですが、とはいえ事故歴としてはつくことになります。

無論、修復歴としては付きますのでマイナスの影響は有るわけですが、事故車に比べて低い見積となることは無いです。また、エンジン等に面倒が起こっているケースでもマイナスに鑑定されますし、日頃のメンテナンスの良し悪しが買取額に影響されます。

その辺りは我々には見分けはつかないのですが、査定をしている買取ショップとしてはシッカリ状態を見てきます。

どちらにしても修理歴は存在しないことが古い車のプライスを上昇させることができるか否かの分かれ目となってきます。

Comments are closed.