これこそ中古車見積もり時の必要書類

車を手放すケースでの方法は買取りや下取りなどの方法が用意されています。下取に関しては、次の愛車を買ったと一緒に、これまで乗っていた所有車を引受けして頂くものです。そのクルマが走ることが出来る車だったとしたら値段がつくのですが、とてつもなく中古だった際には処分のための費用を請求されるケースもあり得ます。

下取の場合は専門店が買取りする訳じゃないので、高値での買取りは厳しいですが、新しいクルマと取り替えるような形で乗り換えを可能といういい面があります。逆に買取りは、専門で行っているユースドカー買取ショップに依頼して買取っていただくものです。そのやり取りが難しいなどのよくない点も有るわけですが、引受けされた自家用車はユーズドカーとなって流通するのがそもそも大前提ですから、結構望むような値段での買い取りが期待できると思います。

下取にしても買取にしても契約の時はいろいろと書類をあらかじめ用意することが求められます。その必要書類ですが、車検証の原本と自動車税の納税証明書、リサイクル券、自賠責保険証があります。ほかに印鑑証明書や実印、住民票なども必要です。

買い取りのときは譲渡証明や委任状なども必要となるのですが、これらは買い取り専門店で用意してくれます。買い取りを依頼するこちらとしては、車検証、納税証明書、自賠責保険証、リサイクル券、実印と住民票更に印鑑証明書を準備しておきましょう。見積もり時もそれらに関してはチェックされるため、紛失しているさいはまた発行することが必要でしょう。

仮に失くしたケースでも値踏みそのものだけをして貰うことはオーケーですが、すぐに買い取りはおこなえないので見積もりの値段に悪い影響が出ることとなるでしょう。

Comments are closed.