これは・・・「ローン中の車売却」について思うこと

愛車買取店に見積もりを依頼したものの、残債を完済していないという事もあり得ますよね。そういった際は、売却しようとする愛車の所有者がご本人であるのか他の人であるかについて最初にチェックしておく必要があります。

実際に、所有者についてなにを見ればわかるのかといいますと、「車検証」に書かれている氏名の方がお車のオーナーとなるのです。

クルマを購入した時に銀行などのローン支払いを組まれた場合だと、こちらの「車検証」に記載のあるお名前がご自分のお名前となっている訳ですが、割賦払いを組んだのが信販系の会社だった際はお名前がクレジット会社の記載となる筈です。信販会社でローンを組む場合にどういう理由でこのような形でクレジット会社を所有権者として記載しているかと言えば、その答えとしては支払いが滞納された場合に、ただちに愛車を差し押さえして確保することを考えている為です。

こうしたわけで所有権がクレジット会社となっているケースではそちらの自動車を自分勝手に売ってしまう事はできません。どうあれ売り払いたいならまず返済をすべて完済するかローンの組み替えをすることでオーナーを自分の名前に変えてから売却をすることが求められます。そうはいっても実際問題こんな手続きができるのは現在お手持ちの資金が豊富にある場合に限られます。それじゃあ現金があまりない時はどういったやり方が望ましいでしょう。

そういった場合は、買取査定をしていただいた中古車買取り業者にご相談頂けますと、クルマの買取価格から残った支払い分をキレイにし、持ち主をあなたの名前に直して頂くことが可能です。手続きの方も全部買い取りのお店に任せることができますので問題ありません。

Comments are closed.