そうれ!中古自動車査定制度に関して

クルマの下取・買取時は、必ず査定を行います。査定とは、お客さんから下取・買取時にちゃんとした評定を下すための下調べであり、それを行うためにはいろいろな方から肯定され、さらに合意された進め方じゃないと良くないのです。とはいえ、消費者側からしたら、値踏みがどんな感じで実施されているのかちゃんとは認識していなかったり、正当な方法で実施されているのかは結構分かっておくことが困難なものです。そうだとしても値踏みというのは愛車の額面を決めるめちゃくちゃ重大な過程ですから、方法や考えに種々のものがあれば世間のパニックの要因にもなるのです。

そんなカオスを起こさないためにも日本自動車査定協会という呼称の機関があり、中古自動車査定制度を取り決めしているのです。

「日本自動車査定協会」というのは、しっかりとした査定が行き渡るように動いている協会であり、ユーザーが不安なく値踏みに出すことができ、そのうえで納得できるシステムを構築する行いをしています。

実際の中身としては、例えばちゃんとした査定士を育てるために資格試験を行っており、査定協会が実行している学科及び技法の研修を受けて頂き、そうしてから「査定士技能検定試験」にクリアすることである一定の技能を持つ査定士としての資格が与えてもらえます。更に査定士として活動するためには協会への登録が必要になり、まっとうな心得や責務をもって我々の所有車の品定めをしていきます。つまりはしっかりした見積のための資格を有している人が鑑定を実施しますので、ユーザーも安堵して買い取りや下取りに愛車を提出することが可能となるのです。

Comments are closed.