そうれ!日本自動車査定協会という機関のことを考えてみた

くるまの買い取りや下取りの時には、間違いなく査定をするものです。査定イコール、ユーザーから下取や買取の時に適正な審査をするための処置であり、それを行うためにはたくさんの人から認識され、加えて承諾された手続きをしないとまずいのです。ですが、ユーザー側からしますと、査定がどうやって実施されているのかきちんと確認できてなかったり、正当な段取りで作業されているのかは結構分かっておくことが困難なものです。ではありますが審査というものは中古車の額面を決めてしまうとても大事な過程である為、方法や考えに様々なものがあると世間のパニックの要因ともなるわけです。

そうしたカオスを発生しないようにするためにも「日本自動車査定協会」と呼ばれる機関が設立され、「中古自動車査定制度」を取り決めしているのです。

日本自動車査定協会とは、適切な審査が行き渡るように務めている団体であり、私たちが無事に値踏みに出せて、しかも喜べるような結果になるような土台作りの動きをしています。

分かりやすい中身としては、例えば健全な査定士を増やす為の検定を実行しており、査定協会がおこなっている学科と実技の研修を受けてもらい、そうしてから査定士技能検定試験に成功することで一定のスキルを持つ査定士としての資格が与えてもらえます。そうした上で査定士として活躍するのには協会への登録が必要になり、きちんとした基礎的なものや決まり事をもってユーザーのくるまの品定めを行います。つまり適正な見積のための資格を有している人が鑑定を実施しますので、客側も安心して買い取りまたは下取に出すことが出来るわけなのです。

Comments are closed.