そうれ!車売却とリサイクル料のこと

自分のくるまのを売却する時の仕方には下取、そして買取というのがございます。下取のケースというのは次の自家用車を買うかわり、今迄のお車を買取して貰うというものです。大抵新車取扱店が買取りをすることになるため売値としてはどっちかといえば低目に見られることが多いです。

一方で買取りのケースは自動車買取専門ショップがしているもので、ユーズドカーという名目で店頭に陳列することを予定に引受けの価格を決めるため、どっちかというと高めの引き取りが望めます。どっちにしても自動車を売却する事であり、売却をする前に引取り金額を決めるための審査がされることとなります。

審査をして頂く時気になるのはリサイクル料です。自家用車鑑定で出してもらう額というのはその自分の車のそのものの価格、ユースドカーについてくる自賠責保険とかリサイクル料等を含んだ額の二種類が存在します。リサイクル料はくるまを買った場合、またはリサイクル料が未納の時には車検の場合に支払いになりますので、将来的に自分のクルマのを廃車にして壊してしまう時に必要なシュレッダーダスト、フロン類、エアバッグ類等をリサイクルする際の料金という名目で使用されます。リサイクル料金は自動車リサイクルシステム(JARS)に預け入れることになり、壊してしまうさいにJARSから支払されることになります。

代金は、軽自動車なら8千円ほど、国産車の場合は10000円程、外国製自動車とかで15000円ほど、そのほかで2万円程度を納める必要が御座います。大半の中古車引取りだと、こういったリサイクルの代金をユーズドカーの引取り値段とは別で引き取りされるというようなこととなりますが、リサイクル代金をいれて引取り値段であるという場合も有り、引き取りを希望するさいには事前にチェックしておくことが大事な事となります。

Comments are closed.