ついにきた、中古車の査定額について思うこと

愛車見積を受ける際にその見積もりを上げてもらうためのポイントは、とにかくパッと見の印象を上げる事ではないでしょうか。引き受けされた中古車は業者間だけのオークションへ出されたり、ショップやインターネットで販売されますので状況のいい部分や悪い部分が間違いなく調べられます。審査の時点でマイナス面が目立つ状態だとかなり感じが悪く、鑑定額の方も低くなってしまう恐れが出てきます。また見た目の状態が良くないようですと、車全体の状況も悪いと考えられるので、鑑定額も低いものとなってしまいます。そんな訳で、くるま審査をして頂くのであれば、ピカピカにお手入れ完了させてから出すという事が重要だと言えるでしょう。

純正部品の附属についても査定額に響いてきます。純正じゃない場合であっても鑑定を行ってもらうことはできるものの、少額になってしまったという場合というのは少なくありません。純正じゃない車は残念ながら喜ばれない傾向があり、店舗で売られる場合には改造車じゃない方が好ましいと言われております。純正パーツが全てついていれば金額上乗せにつながりますので、査定の時にはご用意の上最初の状態に戻しておくことがいいと思います。値上げ交渉をされてみるのもOKです。

一番目に示される金額は低めになっており、相手側にもゆとりがあることが割とあるわけです。その為、ギリギリのところを提示してもらうためには談判が大事です。ただ、話し合いの場合はそれなりのひねりがいることとなります。例を挙げると、同業他社からも見積もりを受け、何社かで争わせるようにして商談すると上手に行くことが多いということのようです。

Comments are closed.