なんと!車査定の事故歴などのことを考えてみた

マイカー売り渡しを依頼したときには、最初に値踏みを受ける事となります。その際の審査の方は買取ショップの査定担当者がすることになり、ユーズドカーマーケットの金額等から金額がはじき出されることになります。

だいたい古いクルマということで売りに出されている価格の20~30%程が売却価格と言われているようですが、好評な車種だったり、希少価値のある車などの時には高い値段が出るなどの場合もあるみたいです。また、製造年が新しい方がやはり高く売却できます。ただし、こうした見積金額はその車がパーフェクトな状態の場合であり、完全じゃないときは低い査定となります。特に事故歴は買取プライスに相当関係してきます。

修復の跡といっても定義があいまいですが、基本的にくるまの基礎となるフレームの部分にまで跡を残すようなアクシデントを起こした車両は事故車となってしまいます。この事故歴のあるくるまはいつか何らかのマイナスの影響が出現するという危なさがありますので、買取プライスに関しては短所となってしまいます。ですが、フレームの部分まで影響が無く、外装を直したくらいだったら大丈夫なのですが、しかし修復歴としては付くことになります。

モチロン修復歴は付きますのでマイナスの影響が有るのですが、事故車より見積もりが低くなることは無いでしょう。あと、エンジンや変速機などに面倒が起こっている時もマイナスとして見られますし、普段からの手入れの状態がプライスに関わってきます。

その辺りは私たちには分からない部分ですが、見積もりをおこなう買い取りの専業店の方ではキッチリとその辺りもチェックの対象としてきます。

いずれにしても修理歴としてはないことが自家用車買取の値段を上げることができるかどうかの条件となってきます。

Comments are closed.