なんと!車査定事故歴などに関して

古くなったユースドカー売り渡しを依頼したケースでは、初めに鑑定を受けることになります。その際の査定に関しては買い取りの専門店の担当者が行うわけですが、くるまマーケットの値段等から値段がはじき出されることになります。

一般的に中古車ということで販売されている金額の2、3割程度が買取の金額となっていますが、人気のあるくるまだったり、珍しい車であったりする場合には高値が付くといった場合もあるでしょう。ほかにも、製造年が新しいほど高く売れます。ただし、こうした査定額はくるまがパーフェクトな状態のケースであり、パーフェクトじゃない時はマイナスに査定されます。その中でも修理の跡は見積もりに大きく関係します。

事故の跡というのも定義は微妙なところですが、基本的にはお車の基礎となるフレームにまで駄目になっているようなアクシデントをしてしまった車両はこれに当てはまります。この事故車は将来において何らかの被害が出るというリスクがあるため、買取り価格においては短所になってしまいます。一方で、フレームの方にまで影響が及ばず、ボディを修繕した位だったら無問題ですが、でも修復歴がつくことになります。

モチロン修理歴はついてしまう訳なのでマイナスの影響はありますが、事故車に比べ低い見積となることはないでしょう。ほかにも、エンジン等にトラブルが起きている時にもマイナスとして見られますし、日頃からの整備の状況が買取の値段に関わってきます。

その辺りは私たちにはちんぷんかんぷんですが、見積もりをおこなっている買取専門ショップの方ではシッカリそのへんも確認してくるでしょう。

どちらにしても修理歴が無いという事がくるま買取額が上げることができるかどうかの条件となります。

Comments are closed.