ほら、車買取と下取

自家用車を処分する際におけるやり方には買取りや下取りなどの種類が有ります。下取はおニューのくるまを購入した時には、前乗っていたクルマを引き取って頂くというものです。その中古車が乗車が差し障りない中古車だとすれば買値が望めますが、古すぎるケースですと反対に廃車費用を要求される時もあると思っておいた方がいいでしょう。

下取の場合は専門店が買い取りをするわけではないので、希望するような価格での買取りは期待できませんが、新しいくるまと交換する形で乗り換えすることが可能であるといったメリットがあります。もう一つの買取ですと、それ専業の中古車買い取りの専門店に頼んで引受けして頂くものです。そのタイミングがややこしいなどの短所もあるのですが、引受けされた自分のクルマは中古自動車として市場に出回ることが決定事項ですので、思っていたよりも希望金額での買い取りが期待できると思います。

買取、下取どちらも契約の時はいろいろな書類を前もって準備しておくことが必要となるでしょう。どういったものが必要なのかというと、車検証の原本と納税証明書、自賠責保険証、リサイクル券となります。そして印鑑証明と実印や、住民票といったものも必要となります。

売渡の際は譲渡証明や委任状なども必要となるのですが、これらに関しては買取専門ショップで用意してくれます。譲渡を希望するコチラ側としては、車検証、自動車税の納税証明書、自賠責保険証とリサイクル券、住民票と実印および印鑑証明を用意しておきましょう。鑑定の際もそれらに関してはチェックされるため、紛失のさいは再度発行して頂くことが求められます。

もし仮に紛失のケースでも見積もりそのものはして頂くことは出来ますが、その場ですぐの手続きはおこなえないので見積もり価格に何か影響が出る場合もあります。

Comments are closed.