ほら、車買取店の車査定のいろいろ

愛車の買い受けの際は、最初にその見積もり査定をおこないます。車種といつのものかによって、基本となる一定レベルでのプライスの全容を把握します。ここからもっと印象が良くなかったら、鑑定額をマイナスとするなどといった工程でやられていくことでしょう。

標準時の金額については買取のお店の方で基礎的なデータを保管しています。これについてはショップ間のみで見られるもので、そのプライスはその型式やいつのものかということから記載されているものです。なのですが、この金額はあくまでも標準的な数字であり、それ以上でも以下でもありません。加えて、その額面よりも高い価格で買取をされたりないしは安い価格で買い受けされたりする事だって当然のように無くはないです。

お店の立場としてはなるだけ低い金額で買い取りたいので、お店にもよりますが基準となる買い取り額を見せたうえで、それよりも低い金額の方へ話を持っていこうとします。こちら側の考えではできるだけ高プライスで売りたいわけで、この場合は一気に攻めていくのが成功の秘訣です。それか、買い受けについての額面が歩み寄れなかったのであれば一旦見送りとし、そちらで話を止めておきます。そうしてから違う買い取り専門店と調整を行うわけです。

もしここで金額が更に上げられて満足がいったなら、前の業者との商談は破談となっても問題はないでしょう。言ってしまえば、売却する側が満足できるように交渉を進めていけば良いという訳なのです。一番やめてほしいのは、急いで値段を結論付けてしまい、後から残念な気持ちを残すことです。プライスは徹底的に強気でいく方が後悔はしません。”

Comments are closed.