まさかの日本自動車査定協会という機関ってどうでしょう

マイカーの下取や買取の時には、間違いなく査定をさせて頂きます。この査定とは、ユーザーから買い取りや下取りする時にきっちりした見立てをするための手続きであり、そのためにはさまざまな人たちから理解され、その上認められた方法じゃないとまずいのです。なのですが、ユーザー側からすると、査定がどのようにされているのかちゃんとは知らなかったり、フェアな進め方で行われてるかどうかはどうにも分かっておくことができなかったりもするものです。とはいえ、値踏みというのはユースドカーのバリューを決めてしまう非常に決め手となる過程ですので、考えややり方に様々なものがあると社会の混乱の要因にもなるのです。

そんなパニック状態を起こさないようにするため「日本自動車査定協会」という名の機関があり、「中古自動車査定制度」を取り決めしているのです。

日本自動車査定協会は、キチンとした査定が行われるように取り組んでいる機関のことで、ユーザーが安心して査定に出せて、そして納得できる結果になるようなシステム作りの務めをしています。

分かりやすい活動内容としては、例を挙げるとちゃんとした査定士を輩出する為の資格試験を実施しており、査定協会がおこなっている学科及び実技の研修を受けて頂き、そののち「査定士技能検定試験」に受かることで一定の技能を保有する査定士としての資格が与えてもらえます。更に査定士として勤務するためには協会への登録を済ませてからになり、まともな基礎的なものや責務をもって消費者の車の評価をおこないます。要は適正な査定のための資格を有している者が査定を行いますので、客側も悩まずに下取または買取に出すことが可能となるわけです。

Comments are closed.