まさかの車買取、そしてリサイクル料について思うこと

ユースドカーを売るときの仕方というと買い取り、そして下取りの2つが御座います。下取の場合は新しい車を購入すると一緒に古い自家用車を買い取って貰うというものです。主に販売会社が買取をするので価格のほうは割と低価格になることが多いです。

一方で買取りの方はくるま買取専門店が行っているもので、中古車として販売する事を前提として買取り価格を決めるため、どちらかというと高値での買取りが期待できます。何れにしてもクルマを引き受けてもらうことであり、、引き受けてもらう前に引き受けプライスを決定するための見積もりが行われることとなります。

見積もりをして貰う場合に気に掛かるのが「リサイクル料」です。ユースドカー鑑定で提示される価格というのはその自家用車それ自体の値段、自分のくるまのに附随する自賠責保険とかリサイクル料などなど含めた値段の二種類が存在します。「リサイクル料」は車をゲットしたさい、又は「リサイクル料」が払われてなかった場合には車検を受けた場合支払いとなるもので、将来、ユースドカーを廃車として解体する場合に必要となるエアバッグ類、シュレッダーダスト、フロン類等々リサイクルする為の代金となって使われます。「リサイクル料」は自動車リサイクルシステム(JARS)に預けることとなり、解体するさいにJARSから払われることとなります。

代金は、軽自動車であれば8千円程、国産車で1万円ほど、外国の車等であれば1万5千円くらい、そのほかで20000円程を納める必要性があったりします。大概のクルマ引取りであれば、こういったリサイクル料をお車の引受額とは他のものとして引受されるということとなる訳ですが、リサイクル料金を含んで買い取り額だという場合もあり、引受けを希望する際にはあらかじめチェックしておくことが大切な事となります。

Comments are closed.