下取、または買取の手続きの場合どっちの方がお勧めと思われます?そのあたりを見ていきましょう

使用済みの車を処分する時における方法には下取や買取といったやり方があります。下取は新しい中古車を購入した際には、今までの中古車を買い上げて頂くものです。その時点で運転が出来る車だったとすればプライスがつきますが、とても古い際は逆に廃車費用を要求される時もあるでしょう。

下取してもらう場合は専業店が引受けする訳じゃないので、高値引受けはムリでしょうけど、次の車と取り替えるような感じで乗り換えをできるいい面があります。逆に買取りは、専門でおこなっているくるま買取ショップに頼んで買い取りをしてもらうものです。手続きが分かりづらいといったデメリットがあるのですが、買取をされた車に関しては中古の車という事で流通するのが元々大前提ですから、思った以上に高価売渡が期待できると思います。

どちらの場合でも引き渡す場合にはいろいろと書類をまずは用意することが必要となるでしょう。その必要書類ですが、車検証や自動車税納税証明書、リサイクル券、自賠責保険証となります。ほかに実印と印鑑証明や、住民票なども必要です。

買取りの場合は譲渡証明や委任状なども使うかと思いますが、これらに関しては買取り業者が用意してくれます。買い取りを望む方としては、自動車検査証、納税証明書、自賠責保険証とリサイクル券、住民票、実印そして印鑑証明を用意しておきましょう。値踏みの時もこれらに関してはチェックされるので、無くした時は再度発行していただくことが必要でしょう。

仮に無くした場合でも見積りそのものだけを受けることはOKですが、すぐに買取はできないので見積もり価格に悪い影響が出る可能性があります。

Comments are closed.