中古自動車の品さだめについてはローン終了前の場合でもいいの?確認しましょう

中古自動車の買取店に格付けを依頼したものの、ローンを完済できていないといったケースもあり得ます。このような時には、売ろうとするユーズドカーの持ち主が貴方自身なのか別の方なのかどうかについてまずは見ておく必要があります。

本当のところ、所有者が誰かについてなにを見たら分かるのかと言えば、「車検証」に載っているお名前の人がその使っていた自動車のオーナーとなるワケです。

今の自動車を購入する際に銀行が提供しているローン支払いを組んだケースでは、こちらの自動車検査証に書かれている名前があなたの氏名になっていると思うのですが、そのローン支払いを設定されたのがクレジット系の会社だった時には名前がクレジット会社の記載になっております。クレジット会社で分割払いを組む場合何故このような形でクレジット会社を所有権者として登録してるのかと言えば、それは月賦が滞った場合、即車を差し押さえして確保することを考えている為です。

こういった理由によって所有権が信販会社になっている場合はそのお車を自分の都合で売り払う事は無理なことです。どうあっても売却したいなら先ずは残債をキレイに終わらせるか、月賦の組み替えをすることでオーナーを貴方の名前に変更した後で売ることが必要です。ですが、実際このようなことができるのはその時点で持っている現金が豊富にあるケースになってしまいます。だとしたら資金があまりない方はどのようにするのがいいのでしょうか。

こういった場合は、審査をやっていただいた不要車買取店に事情を話すと、中古の自動車の買取金額から残った返済分を支払し、名義人の欄をアナタの氏名に変えて頂くことが出来ます。手続きもすべて買取専業店に任せることが可能なので心配ないです。

Comments are closed.