中古車引き上げの金額に修復歴はどれほど影響してくるのでしょうね

使用済みの車の売却を依頼したさいには、一番初めに品評を受けることになります。その評定は買取り業者のスタッフが行うわけですが、くるま市場の価格などから算定されるものです。

たいがいユースドカーとして売り出されているプライスの20~30%位が売却価格となっていますが、評判の車種だったり、希少価値のある車であったりする時には思った以上の高値がでるといったときもあります。他にも、年式が新しい方が当然高い査定となります。ただし、こういった見積金額はu-carが完全な状態であり、問題があるケースだと低く査定されます。なかでも修理の跡等は見積価格に結構響いてきます。

修復歴というのも定義はあいまいですが、とりあえず車の本体であるフレームの部分にまでダメになるようなアクシデントを起こした車はこれに当てはまります。こういった修復歴のあるクルマはそのうちなんらかの被害が出現するという危険性が有るので、見積価格は駄目なものとなるのです。一方、フレームの部分まで問題がなく、ボディをリペアしたぐらいなら問題ないのですが、それでも修復歴は付きます。

モチロン修復歴は付くのでマイナスの被害は有るものですが、事故車より安く見積もられることは無いでしょう。その他、エンジンやギアなどに不具合が起こっているときもマイナスとして鑑定されますし、通常の整備の状況が見積金額に関係してきます。

その辺りは傍目にはわからないところですが、査定を行っている専門会社ではきちんとそのへんも見てきます。

どちらのケースでも直した跡が存在しないことが古いクルマの見積については上げることができるかどうかの最低条件となります。

Comments are closed.