例の中古車売買のことを考えてみた

クルマの買取となるとまず最初に中古車の鑑定をしてもらいます。その型式や年式でベースとなる標準時の額面の目安を把握します。ここからもっと状態が良くなかったら、見積額を減額するなどの手順で行われていくことでしょう。

状態でのプライスについては中古車ショップの方でベースとなる数値を保有しています。これはお店同士のみで確認されるもので、その値段はそのモデルと年式によって残されているものです。ではありますが、この金額はあくまでも基本的な数字であって、その他の意味あいはありません。加えて、そのプライスよりもより高く買い取られたり、あるいは安い金額で買い受けされたりする場合も当然のように存在します。

業者側としてみれば出来る限り低価格で引き取りたいですから、買取店にもよりますが基礎的な買い取り額を出したうえで、それよりも安値の方へと話をつなげようとします。こちらの気持ちとしてはできるだけ高プライスで売却したいわけですから、ここではしたたかに話を進めるのがいいと思います。または、引き取りに関するプライスが同調できなかった場合などは保留とし、話は休止状態とします。そののち別の買取専業店とネゴシエーション行うわけです。

そこでもし値段がさらに高値となって納得がいけば、最初の業者との商談はおじゃんになっても問題はないでしょう。言い換えると、売却する方が気に入るように商談を進行させていけばOKなのです。
絶対に回避したいのは、拙速に売値を決断してしまって、後になって悔やんでしまうことです。金額はあくまで強気にいった方が心残りはないでしょう。

Comments are closed.