我が家の愛車は

我が家の愛車はもう古いクルマで、車検の期間も近づいてたので、有料で買い取りしてもらえる気はなかったです。
その為、新型モデルを買った際にタダで譲渡することにいたったのですが、その後、その引き取りに出したくるまが結構の価格を付けられて転売されてるのを目にしました。
こうなるぐらいなら、買い取りショップ(店舗、お店のことですね)に頼んで買い取りの際の価格を確かめておけば良かったのにとマジで後悔している状態です。

クルマの売却鑑定時にはスタッドレスタイヤの有り無しすら原則的に見過ごされてしまうでしょう。
新品と並ぶくらいのタイヤだったら、タイヤショップや競売ホームページで売ったほうが値段がつく分、プラスになるということですね。
とは言っても、雪の多いエリアだとすればスタッドレスはないと困るものですから、手をつけないでおいたほうが上乗せ鑑定になると想定できます。

新型車に買い換えする際は、今までの愛車を下取りして貰うか買取に出すか悩みますね。
ですが、ちょっともったいないと感じませんか。
下取りはラクですが金額は言い値で、買取の方が高くなる可能性があるのですよ。
面倒くさいのは嫌だなという思いも少しあるかもしれないですが、クルマの外観や製造年度によっては買い取り専業店のほうが得になるかも知れません。

私は下取りプライスが不満だったので、買い取りショップにも金額を出して頂きました。
その結果、下取りの方が驚くほど安いことを理解しました。
買い取り業者に「ホントにこの額でいいんですか?」と訊ねてしまったほどです。
買取りの代金は後日振込まれるとのことでしたが、引取られた次の日には振り込まれてました。
30万円未満ならキャッシュ払いもできるそうです。
いずれにせよそのお金でさっそく新車購入の頭金にあてました。
下取りでいいのにと反対していた家族にも、この時ばかりは「すごい!」と言って貰えました。

Comments are closed.