改めて中古車の査定のことを考えてみた

マイカーの買い受けの際は、まず最初に車の見積もりを行います。その型式や年代で、基礎となる一定レベルでの額面のイメージをしておきます。ここからもっと印象が悪かったら、査定金額を減額するという順序でやられていくこととなります。

普通の状態でのプライスについては買い取る側で基準となる数値を保有しています。コチラについては業者同士だけで流通しているもので、そのプライスはそのモデルと年式によって示されています。ではありますが、あくまでもこの数字は標準的なものであり、その他の意味あいはないものです。プラスして、その値段よりもより高く買い取って貰えたり、またはもっと安く買い叩かれたりの事だって当たり前ですが出てくるのです。

お店の立場としては出来るだけロープライスで買い取りたいわけで、お店にもよりますが基礎的な買い取り額を出したうえで、さらに低価格な方に話を振ろうとしてきます。売りたい方の気持ちはわずかでも高い値段で売渡したいので、ここでの交渉ではイッキに攻めていくのが良いでしょう。あるいは、買い取りについての査定額が歩み寄れなかったのであればいったん保留し、そこで話を中断しておきます。そうしてから別の買取専業店と商談をやっていくのです。

ここでもし額面的により高値が付いて満足がいったなら、最初のお店との話し合いは破談となっても気にせずOKです。つまり、売り手が好きなようにやり取りを進めていけば良いというわけです。絶対に回避したい状況は、拙速に値段を決断してしまって、後から悔いるということです。売値についてはあくまで強気に攻めた方が後悔しないでしょう。

Comments are closed.