改めて車買取「事故歴と修復歴」のことを考えてみた

古い自分の車の売渡をお願いした際は、まず最初に査定を受ける事になります。そうした時の査定は買取専門ショップの人がやり、中古車マーケットの金額などから値段が出されるものとなります。

だいたい中古車ということで売り出されているプライスの2~3割位が買取プライスと言われているようですが、人気車種だったり、稀少車種である等の時には高い査定が出るといった場合もあるようです。ほかにも、製造年は新しい方がやはり高く売却できます。一方でこういった見積金額はくるまが完全な状態の場合であり、パーフェクトじゃない時には低い査定となります。特に事故の跡などは買取の値段にとても影響します。

事故の跡といっても定義はあいまいですが、基本的にはクルマの骨組みであるフレームの方にまで及ぶような事故を起こしてしまった車両は事故車となってしまいます。この事故歴のある車はその後なにかしらの被害が出るかもしれないという危険があるので、買取の値段に於いてはダメなものとなります。とはいえ、フレームの部分にまで影響が及ばず、外見を直したくらいならなりませんが、とはいえ修復歴としてはつきます。

無論、修理歴は付くので良くない害はありますが、事故車に比べて低い鑑定額となることはないでしょう。それと、エンジン等に問題が発生している場合もマイナスに見られますし、常日頃からの整備の良し悪しが買取プライスに関係してきます。

そのあたりはトーシロには気づかない所ですが、鑑定をおこなう買い取りの専門店の方ではシッカリとそのへんも見てきます。

どちらにせよ修理歴は存在しないことが古い車の査定が上げられるかどうかのポイントになります。

Comments are closed.