話題のローンが残っている車の売却について

中古車の買取り業者に見積もりを依頼したものの、分割金を完済できていない事もあるのではないでしょうか。こうした場合は、売るつもりのマイカーの所有が自分自身なのか他の人なのかどうかについて最初に見ておくことが必要です。

実際に、持ち主についてはどこを見れば良いのかというと、「自動車検査証」に載っている名前の方がマイカーの権利者という訳です。

車を購入した際に銀行系のローン支払いを組んだケースでは、この「自動車検査証」に載っている氏名が自分の名前になっている訳ですが、ローン支払いを組まれたのがクレジット系の会社である場合だと名前がその会社の名前になるはずです。信販会社でローンを組む場合にどういう理由でこんな形でその会社を持ち主として登録しているのかと言いますと、その答えは支払いが滞納された場合に、直ちにクルマを差し押さえして確保できるようにするためです。

このような理由によって所有者名義がローン会社にある時にはそちらのマイカーを自分勝手に売ることはできないのです。どうしても売却したいのであれば残債を残らず終わりにするかローンの組み換えによって持ち主をアナタの名前に変えた後で売却をすることが求められます。ですが、現実問題こんなことが可能なのがその時のお手持ちの資金がいっぱいあるケースに限られます。じゃあお金が不足しているケースではどういったやり方がいいのでしょうか。

こうした際は査定をして下さったマイカー買取店に相談すると、車の買取金額から残りの支払い分を完済し、所有者の部分を貴方自身のお名前に直して頂くことができるという訳です。手続きについても全部買取り業者にお任せできるので心配いりません。

Comments are closed.