話題の残債がある車の売却のこと

お車の買取り業者に評価をしてもらったのはいいけれど、割賦払いを払いきれていない事も考えられます。こうした時は、売却しようとする自動車の所有権があなた自身なのか別な方であるのかを取りあえずチェックすることが必要となります。

実際、所有者が誰かについてどの辺を見るといいのかと言えば、「車検証」に記載されている氏名がマイカーの所有権者となるのです。

クルマを購入するタイミングで銀行が提供しているローン支払いを組まれた場合だと、この車検証に記載されているお名前が自分のお名前となってるはずですが、自動車ローンを設定したのがクレジット会社だったケースでは氏名がその信販会社の名前となっている訳です。信販会社でローンを組む場合にどういう理由でこのような形で信販会社を所有権者として記載しているかと言えば、その答えとしては月賦が滞納されたときに、ただちにマイカーを差し押さえて確保できるようにするためです。

こういった理由で所有名義がクレジット会社にある際はそのくるまを自分勝手に売ってしまう事は不可能です。どうあれ手放したいならとりあえずローンを残らず終了させるか分割払いの組み替えをして所有権をご自身に変更してから売り払う必要があります。とはいっても実際にそうした事が出来るのは今現在手持ちの資金がいっぱいある時になってしまいます。だとしたら資金がない方はどういった方法を取るのがいいのでしょうか。

そんなケースでは見積もり査定をおこなって頂いた中古車買い取りのお店に事情を話すと、所有車の買い取りの値段から残りの返済分を完済させ、オーナーをご自分のお名前に直して貰うことができます。手続きについてもすべて買取ショップに任せられるので問題ないです。

Comments are closed.