話題沸騰!中古車を売る時の残債とのことだけどどうなんでしょう

クルマ買取り業者に査定をお願いしたものの、割賦払いを完済できていないという事も考えられます。そういった場合は、売却希望のクルマの所有権がアナタ自身なのか別な方なのかどうかともあれ確認することが必要です。

本当のところ、持ち主に関してどの部分を見ると分かるのかと言えば、自動車検査証に記載のある氏名がお車の所有権者となります。

お車を購入した際に銀行等が提供するローンを組んだ時には、この車検証に載っている名前が自分のお名前になっているのですが、ローンを組んだのがクレジット会社であった際はお名前がその信販会社の記載となっています。信販会社でローンを組む場合にどうしてこのような形でその会社を所有者として登録しているのかと言いますと、それは月の払いが滞った場合、ただちにマイカーを担保という形で確保することを考えている為です。

このような理由で所有名義が信販会社にあるケースではそのクルマを自分の都合で売却は出来ません。どうしても売り払いたいなら返済をすべて支払するかローンの組み替えをすることで所有権者をご自分に変えた後で手放す必要があります。とはいえ現実問題こういったことが可能なのが現在手持ちのキャッシュがいっぱいある時という事に限られます。それじゃあお金が足りないケースではどんなやり方をするのが良いのでしょうか。

そのような際は買取査定を行ってもらった車買い取り専門店に相談すれば、お車の売却の金額から残債の支払いの分を返済し、所有権をご自分の名前に直してもらうことができるという訳です。手続きも完全に買い取りのお店にオマカセできますから問題ありません。

Comments are closed.