話題沸騰!車の買い取りと「リサイクル料金」

愛車を売るときの進め方といえば下取と買取の2つが御座います。下取りの場合はおニューの中古車を入手すると同時に古いクルマを引き取っていただくというものです。だいたいは新車販売店が引取りを行うため価格のほうはどっちかというと低く見られることが多いです。

他方、買い取りのケースは中古車買取専門店がやっているもので、ユースドカーとして販売することを予定に引受の値段を決定するため、どっちかというと高プライスでの引受が期待できるでしょう。いずれにしても自家用車を売る事であり、売り払う前に買取プライスを決定するための審査が行われることとなります。

査定をお願いするケースで気に掛かるのがリサイクル料です。自分のくるまの見積もりで提示される価格というのはクルマそのもののプライス、ユースドカーに付いてくる自賠責保険とかリサイクル料等を含んだ金額の二つの種類が御座います。「リサイクル料」はくるまを手に入れた際、若しくはリサイクル料が未払いだった場合には車検を受けたケースで支払いとなるもので、先々ユーズドカーを廃車にして壊してしまうケースで必要なエアバッグ類、フロン類、シュレッダーダストなどをリサイクルする際の費用ということで使われます。リサイクル料は自動車リサイクルシステム(JARS)に預け入れることになり、解体処分するさいにJARSから支払されるということとなります。

コストはだいたい、軽自動車だと8千円程、国産自動車で10000円くらい、外国製自動車とかで約1万5千円、そのほかで2万円程度を納める必要があったりします。多くのお車買い取りだと、こういったリサイクル料金を所有車の買取プライスとは別ということで引取りされる事になるワケですが、リサイクル代金を入れて見積もりプライスであるという場合もあり、買取を希望という場合には先ずは確認しておくのが大事です。

Comments are closed.