買取りや下取りという方法に於いてはいずれがお薦めですか?その辺りについて記していきます

使用ずみの車を売り払いたいケースでの方法としては買取りや下取りなどの手続きがございます。下取はおニューの車を手に入れたと一緒に、これまでのマイカーについて買い取っていただくものです。こちらはドライブができる中古車だったとしたら買値が付くのですが、度を超えて中古な場合だと反対に処分の為の費用を下さいと言われる時もあるでしょう。

下取の場合は専門業者が引き取るという事ではないので、高値での譲渡は出来ないでしょうけど、その次のマイカーと入れ違いで乗り換えが可能だというメリットがあります。もう片方の買い取りは、専門でおこなっているクルマ買取り業者に依頼して買取して頂くといったものです。やり取りがややこしいなどのよくない点もあるのですが、引き取られた所有車は不要車という事で流通するのが元々大前提ですので、なかなかの高値での引受けが望めると思います。

下取であっても買取であっても手続きの際にはいろいろと書類を先に用意する必要があります。必要なものの中には車検証や自動車税の納税証明書、自賠責保険証、リサイクル券といったものとなります。そのほか印鑑証明書や実印、住民票等も必要です。

売却のさいには譲渡証明書や委任状等も必要となりますが、そのへんは買取専門ショップが用意してくれます。引取りをお願いしたいこちらとしては、自動車検査証、自動車税の納税証明書、リサイクル券と自賠責保険証、住民票と実印そして印鑑証明を用意しておきましょう。見積もりの時にもこれらがチェックが入るため、紛失の時にはまた発行して頂くことが求められます。

もし紛失していても見立てだけはして貰うことはOKですが、すぐに売渡はしてもらえないため評価額に悪い影響が生じます。

Comments are closed.